医院ブログ

2022.08.20更新

歯抜け

 

 


前回は、歯を失って放置した場合のリスクについてお伝えしました。機能性だけでなく、審美性の問題も生じることに驚いた方もいらっしゃるかもしれません。
今回は歯を補うための「補綴治療」の選択肢と、その内容を詳しく解説します。


1.補綴治療の選択肢
歯を失くした場合の治療法として、現在「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つが挙げられます。
特徴や、メリット・デメリットを1つずつ解説します。


1.入れ歯(義歯)
残っている健康な歯に金属製のバネを引っかけ、人工的な歯で補う治療法です。材質によっては保険が適用できるため、使える費用に予算がある方も気軽に受けられます。

また入れ歯は、取り外して磨くことが可能です。食べカスが詰まっても、比較的容易に取り除けるので口腔内の清潔を維持できます。家族が毎日手入れしている姿を、見たことがある方もいらっしゃるはずです。
入れ歯は、ブリッジのように周りの健康な歯を削る必要がありません。しかし、バネで歯が締め付けられて違和感や噛みにくさを感じる場合があります。ほかにも不必要にズレたり外れたりと、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。場合によっては痛みが出ることもあるでしょう。


さらに入れ歯を長年使用していると、顎骨に噛む刺激が行き届かず、骨がやせる原因になります。顎骨は顔の土台となるため、見た目に変化を及ぼすでしょう。口の周辺にシワが入り、皮膚がたるんだりほうれい線ができたりします。老けた印象を与えるかもしれませんね。骨がやせると内部の血管や神経が骨の表面に現れ、ものを噛んだときに痛みが出るケースも報告されています。
日々の手入れについては、食後に取り外してブラッシングを行うのが鉄則です。装着したまま磨くよりは簡単ですが、ご自身の歯と入れ歯とで2回ブラッシングをしなければなりません。毎日のこととなると、その点が面倒だと感じる方もいるでしょう。


2.ブリッジ
ブリッジは、日本語に訳すと「橋」という意味ですよね。その名の通り、失くした歯の左右の歯に人工歯を架ける(掛ける)治療のことをいいます。人工歯はがっちりと固定するので、硬いものを噛んでもズレたり外れたりする心配がありません。両隣の歯が力を受け止め、自然な噛み心地を実現できます。材質によっては全額自己負担となりますが、保険が適用できるものもあります。
一方でブリッジには、土台となる左右の歯を大きく削らなければならないという難点があります。健康な歯を削るということに、抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
ちなみにブリッジは、両隣に歯が残っていることが前提ですから最奥の歯には適用できません。手前の歯2本を土台とする方法(延長ブリッジ)もありますが、歯への負担を考慮すると得策とはいえません。


また、土台となる歯が細菌感染したり、過度な負担がかかってダメージを受けたりすることも懸念されます。
さらに、どれほど精巧なブリッジであっても、土台の歯と人工歯との間にはわずかな隙間が生じています。そこから細菌が侵入すると、むし歯になる恐れがあるでしょう。生活しているうちに、少しずつ隙間が生じる可能性もゼロではありません。奥歯の場合はブラッシングしにくく、歯間ブラシも使えないためより不衛生になります。
今までは健康であった歯が、ブリッジ+悪条件の重なりによって抜くことになれば本末転倒ですよね。治療が終了したあと、いかに丁寧なケアをするかという点がカギになります。


インプラント
顎骨へ埋入する、チタン製の「インプラント体」を土台にして人工歯を固定する治療です。チタンは人体になじみやすいため、骨の成長を促しつつ結合するという利点があります。チタンはほかの医療機具にも使用されている金属で、治療をきっかけにアレルギーを発症した例はほぼ報告されていません(心配な方にはパッチテストをおすすめしています)。
以上の仕組みにより顎骨にがっちりと固定されるため、天然歯と遜色ない噛み心地を手に入れられます。治療をするにあたってほかの歯を削ることもないので、健康な歯を残せる点もメリットといえるでしょう。

 

また欠損歯の本数や位置に制限もないため、理想の結果となるための治療計画を策定できます。入れ歯のように、骨がやせて見た目に影響を及ぼす心配もありません。
審美性を重視する方や、天然歯のような噛み心地を求める方に適した方法です。
ただ、インプラントは外科手術を伴う治療法です。治療期間や費用も、ほかの方法に比べて長くなったり高額になったりするでしょう。

また顎骨がやせて骨量が不足している方や、糖尿病などの既往歴がある方はすぐに治療を開始できません。カウンセリングの際に状況をお伺いしながら、治療の可否や開始するタイミングをご提案できればと思います。

 

まとめ
補綴治療には、大きく分けて3つの選択肢があります。それぞれ特徴が異なりますので、治療後に後悔しないよう慎重に比較検討しましょう。
ご自身で決断できない場合は、かかりつけ医に一度相談してはいかがでしょうか。

 

投稿者: 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科

2022.08.20更新

歯の移植

 


あなたは「歯の移植」というフレーズを耳にしたことがありますか?
補綴治療には入れ歯やブリッジといった複数の選択肢がありますが、中にはほかの歯へ負担をかける治療法も存在します。
そこで今回は、周囲の歯への影響が少ない「歯の移植」と「インプラント」について詳しく解説します。
歯を失くし、補綴治療を検討中の方はぜひ参考にしてください。


1.歯の移植とは?
歯周病や不慮の事故などで歯を失くした場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラントのいずれかで歯を補うのが一般的です。
しかし、ある一定の条件を満たした場合のみ「歯の移植」が可能です。
歯の移植とは抜歯した患者さまご自身の歯を、欠損歯の顎骨へ移植することです。使用するのは健康な親知らずがほとんどですが、位置がずれるなどして歯としての機能を失っている歯を用いることもあります。
「親知らずは全部抜歯した」
「歯並びが整っている場合、どの歯を使えばよいのか」
このようなケースでは、残念ながら適用が困難です。また歯根が大きく曲がっていたり、大きさがあまりにも合わなかったりする場合もお断りすることがあります。必ずしもすべての患者さまに適用できるわけではない、ということを知っておいてください。


2.メリットとデメリット
2-1.メリット
① 安全性が比較的高い
患者さまご自身の歯を用いるため、安全性が比較的高いです。治療の際に、アレルギー反応を起こす心配がないでしょう。


② 機能していない歯を有効利用できる
歯並びなどの問題で機能していない歯を、移植することによって有効利用できます。


③ 治療費を抑えられる
治療法を決めるにあたって、費用が気になる方も多いはずです。歯の移植は、抜歯した親知らずを同じ日に移植する場合に保険が適用できます。そのほかの症例であっても、材料費などがほぼかからないため、ほかの補綴治療に比べて費用を抑えることが可能です。


2-2.デメリット
① 移植可能な歯が必要
先述した通り、歯の移植に使える歯は限られます。親知らずや、機能していない歯がない場合は治療が難しいでしょう。


② 歯根の形状や大きさによっては難しいケースもある
移植に使えそうな歯があったとしても、歯根の形状や大きさが合わない場合は使用できません。歯根が大きく曲がっていることで、抜歯が難しく治療を断れるケースもあるでしょう。


③ 移植した歯が思い通りに結合しない場合がある
移植後は、接着剤を用いて隣の歯と固定します。2ヶ月程度経過観察を行い、骨とうまく結合するのを待つことになります。普段通りの生活をしていれば問題ありませんが、強い負荷をかけたり、口腔ケアを怠って不潔な状態になったりすると結合しないことがあるでしょう。


④ 骨と歯が癒着する場合がある
移植した歯が骨にうまく結合した場合でも、両者が癒着して一体化するケースがあります。歯根破折を起こす可能性もあるため、何らかの処置が必要です。


3.歯を移植する手順


歯の移植は、基本的に次の手順で行います。

1.レントゲンによる診査と診断
2.治療計画の策定と説明
3. 移植手術
4. 経過観察(2週間程度)
5. 根管治療および根管充填
6. 経過観察
7. 補綴物の選択および型取り
8. 装着と定期的なメンテナンス


この中で最も重要なのは、初めの診査と診断です。移植できる歯があるのか、あるとすればどの歯なのかということを、慎重に診た上で結果をお話しします。
移植に興味をお持ちの方は、かかりつけ医に一度相談してみてください。


4.インプラントとは?
歯を失くした箇所の顎骨へ、チタン製のインプラント体を埋入して人工歯の被せ物をする治療です。
色々な大きさのものがあるため、欠損歯の位置によって治療の可否が決まることはありません。


5.メリットとデメリット

5-1.メリット
① 最適な大きさを選べる
色々な大きさをご用意しているため、患者さま一人ひとりに合ったサイズのものを選んで使用できます。
② 移植に比べて長持ちしやすい
インプラントは、移植のように骨が一体化する心配がありません。そのため、長持ちしやすいといえるでしょう。


5-2.デメリット
① 治療費が高額
基本的に保険が適用できないため、費用が高額になります。1本あたり数十万円が相場であるため、予算に限りがある方には難しいでしょう。
② ごくまれに金属アレルギーを発症する
インプラント体に使用されているチタンは、人体への親和性が高く、アレルギーを起こす可能性は低いとされています。その理由から、ほかの医療器具にも用いられることが多い金属です。

しかし、アレルギーを発症する可能性がゼロであるとは言い切れません。ごくまれに、チタンによる金属アレルギーを発症したという例が報告されています。

投稿者: 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科

2022.08.20更新

歯の移植

 


あなたは「歯の移植」というフレーズを耳にしたことがありますか?
補綴治療には入れ歯やブリッジといった複数の選択肢がありますが、中にはほかの歯へ負担をかける治療法も存在します。
そこで今回は、周囲の歯への影響が少ない「歯の移植」と「インプラント」について詳しく解説します。
歯を失くし、補綴治療を検討中の方はぜひ参考にしてください。


1.歯の移植とは?
歯周病や不慮の事故などで歯を失くした場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラントのいずれかで歯を補うのが一般的です。
しかし、ある一定の条件を満たした場合のみ「歯の移植」が可能です。
歯の移植とは抜歯した患者さまご自身の歯を、欠損歯の顎骨へ移植することです。使用するのは健康な親知らずがほとんどですが、位置がずれるなどして歯としての機能を失っている歯を用いることもあります。
「親知らずは全部抜歯した」
「歯並びが整っている場合、どの歯を使えばよいのか」
このようなケースでは、残念ながら適用が困難です。また歯根が大きく曲がっていたり、大きさがあまりにも合わなかったりする場合もお断りすることがあります。必ずしもすべての患者さまに適用できるわけではない、ということを知っておいてください。


2.メリットとデメリット
2-1.メリット
① 安全性が比較的高い
患者さまご自身の歯を用いるため、安全性が比較的高いです。治療の際に、アレルギー反応を起こす心配がないでしょう。


② 機能していない歯を有効利用できる
歯並びなどの問題で機能していない歯を、移植することによって有効利用できます。


③ 治療費を抑えられる
治療法を決めるにあたって、費用が気になる方も多いはずです。歯の移植は、抜歯した親知らずを同じ日に移植する場合に保険が適用できます。そのほかの症例であっても、材料費などがほぼかからないため、ほかの補綴治療に比べて費用を抑えることが可能です。


2-2.デメリット
① 移植可能な歯が必要
先述した通り、歯の移植に使える歯は限られます。親知らずや、機能していない歯がない場合は治療が難しいでしょう。


② 歯根の形状や大きさによっては難しいケースもある
移植に使えそうな歯があったとしても、歯根の形状や大きさが合わない場合は使用できません。歯根が大きく曲がっていることで、抜歯が難しく治療を断れるケースもあるでしょう。


③ 移植した歯が思い通りに結合しない場合がある
移植後は、接着剤を用いて隣の歯と固定します。2ヶ月程度経過観察を行い、骨とうまく結合するのを待つことになります。普段通りの生活をしていれば問題ありませんが、強い負荷をかけたり、口腔ケアを怠って不潔な状態になったりすると結合しないことがあるでしょう。


④ 骨と歯が癒着する場合がある
移植した歯が骨にうまく結合した場合でも、両者が癒着して一体化するケースがあります。歯根破折を起こす可能性もあるため、何らかの処置が必要です。


3.歯を移植する手順


歯の移植は、基本的に次の手順で行います。

1.レントゲンによる診査と診断
2.治療計画の策定と説明
3. 移植手術
4. 経過観察(2週間程度)
5. 根管治療および根管充填
6. 経過観察
7. 補綴物の選択および型取り
8. 装着と定期的なメンテナンス


この中で最も重要なのは、初めの診査と診断です。移植できる歯があるのか、あるとすればどの歯なのかということを、慎重に診た上で結果をお話しします。
移植に興味をお持ちの方は、かかりつけ医に一度相談してみてください。


4.インプラントとは?
歯を失くした箇所の顎骨へ、チタン製のインプラント体を埋入して人工歯の被せ物をする治療です。
色々な大きさのものがあるため、欠損歯の位置によって治療の可否が決まることはありません。


5.メリットとデメリット

5-1.メリット
① 最適な大きさを選べる
色々な大きさをご用意しているため、患者さま一人ひとりに合ったサイズのものを選んで使用できます。
② 移植に比べて長持ちしやすい
インプラントは、移植のように骨が一体化する心配がありません。そのため、長持ちしやすいといえるでしょう。


5-2.デメリット
① 治療費が高額
基本的に保険が適用できないため、費用が高額になります。1本あたり数十万円が相場であるため、予算に限りがある方には難しいでしょう。
② ごくまれに金属アレルギーを発症する
インプラント体に使用されているチタンは、人体への親和性が高く、アレルギーを起こす可能性は低いとされています。その理由から、ほかの医療器具にも用いられることが多い金属です。

しかし、アレルギーを発症する可能性がゼロであるとは言い切れません。ごくまれに、チタンによる金属アレルギーを発症したという例が報告されています。

投稿者: 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科

2022.08.10更新

歯抜け 


「歯周病などで歯を失くしたら、どうすればいいですか?」
「1本くらいであれば、生活に支障をきたさないので様子を見ても構いませんか?」
来院された方から、このような質問を受けることがあります。
むし歯や歯周病のほか、不慮の事故や転倒などで突然歯を失くす方もいるでしょう。


2018年に厚生労働省が実施した調査では、歯周病で歯を失う方が37%と最も多く、次いでむし歯が29%、破折が18%という結果でした。破折は、抜髄(神経の除去)によって歯が脆くなることで起こります。

つまりむし歯由来であるとみなされ、むし歯が原因で歯を失う方は47%と、半数近くにのぼることがわかります。


あなたは、歯を失ったまま放置していませんか?
たとえ1本だけであっても、失うことによって今まで保たれていたバランスが崩れます。
審美性や機能性に問題がないと思っていても、のちのちトラブルを起こす可能性があるため早急な処置が必要です。
具体的には、次のような問題が起こりやすくなります。


1.歯並びや噛み合わせの悪化
歯は、すべての歯が揃って初めてバランスを保てるようになります。そのため1本でも歯を失うと、歯並びや噛み合わせに問題が生じるのです。

後方の歯が倒れ込んできたり、噛み合わせの歯が伸びてきたりと、挙げられるトラブルはさまざまです。放置する期間が長くなればなるほど、バランスが崩れて治療が困難になるでしょう。


2.周囲の歯にもトラブルが起こります
歯を失くすと一方の側のみで噛むようになり、噛める側の歯に大きな負担がかかります。その状態が続けば、特定の歯だけが傷んで最終的に失うでしょう。
初めは失った歯が1本であっても、その歯が原因となり周囲の歯をダメにしてしまう可能性があるのです。


3.顎関節症の原因になる
片側のみで噛むことにより、ダメージを受けるのは歯だけではありません。使用する筋肉が偏ってしまい、顎関節症を引き起こす恐れがあるのです。顎の痛みや頭痛、口を開きにくくなるといった症状が生じるでしょう。さらに、噛み合わせの乱れも懸念されます。

起床時などに、普段と感覚が違うと思ったことはありませんか?口を開けにくい、顎がなんとなく痛いといった症状がある場合、顎が大きなダメージを受けているかもしれません。


4.顎の骨が吸収してしまう
歯を失くした側で噛まなくなると、刺激がなくなり顎骨吸収が起こります。のちのちインプラントを希望しても、骨がやせているため顎骨不足ですぐに治療できません。造成術によって増骨処置をとることも可能ですが、症例によっては断念せざるを得ないケースもあります。
治療の選択肢を狭めないためにも、早めに受診しましょう。


5.審美性の問題が起こりうる
たとえ1本であっても、歯を失うと見た目の問題が生じます。前歯はもちろんのこと、奥歯であっても笑ったときなどに何らかの問題が起こるかもしれません。
また奥歯を失くした状態で長期間放置すると、食事の際に前歯ばかりを使うようになって大きな負担がかかります。その結果、前歯が突出する「フレアアウト」を引き起こすでしょう。
さらに一方のみで噛むようになると、使わなくなった側の筋肉が衰えて顔のたるみやほうれい線の発生につながります。見た目のトラブルが起きて取り返しがつかなくなる前に、歯科医院で適切な処置を受けましょう。


6.早めの受診が一番です!
歯を失い、放置する期間が長くなればなるほど治療が困難になります。
不便ではないからといって、そのまま生活し続けるのは厳禁です。機能性や審美性の問題で取り返しがつかなくなる前に、信頼できる歯科医師のもとで適切な治療を受けましょう。

 


岐阜県内で歯科医院をお探しの方は、岐阜駅前歯科クリニックへご相談ください。

 

投稿者: 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科

初診無料
カウンセリング実施中!

まずはお気軽にご連絡ください!

  • 9:00~12:30/14:30~19:00 休診 月/日/祝 058-215-1001
  • contact_tel_sp.png
  • 無料相談・カウンセリングお申込みはこちら無料相談・カウンセリングお申込みはこちら